Google Maps APIsの使い方

subpage01

お店の場所をグーグルの地図を使って表示しているサイトを見たことがないでしょうか。

Google Maps APIs Premium Planについての情報をお探しの方は必見です。

これは、GoogleMapsAPIsというサービスを利用しています。

GoogleMapsAPIsとは、グーグルの無料地図サービスです。



従来の地図情報サービスではサイトに表示するのに料金がかかかっていましたが、このサービスは無料で利用することができます。
グーグルの地図をそのまま表示できるだけでなく、マーカーを表示したり、線を描画したりすることもできます。


このマーカーはオリジナルのものも使えるので、例えばお店のロゴを店舗のある場所に表示したり、駅からの道のりを記した案内図を表示させたりする、という利用法も可能です。

最初の表示はサイトを作る側が地図の表示範囲を指定しますが、ユーザーが表示範囲外の地図を見たい場合は地図をドラッグさせたり、拡大・縮小させたりすることにより、見たい範囲や詳細度の地図を表示させることができます。



そのため、ユーザーにとっても便利なサービスとなっています。使い方は、まずGoogleMapsAPIsのサイトへ行き、グーグルのアカウントでAPIキーを取得します。これは1アカウントごとに1日の表示回数が決まっており、グーグル側がAPIキーごとに表示回数をカウントしているからです。
このAPIキーを、地図の座標位置と共にサイトのJavaScriptタグに埋め込みます。具体的なコードは使用例を載せているサイトなどを参考にすると良いでしょう。